2019年度 イベント・講演

 2019年 

4月13日
・地域ケア連携をすすめる会シンポジウム 第8回シンポジウム「孤立に伴う地域課題とどう向き合うか
  - 包摂的な地域であるために」(事務局団体として参加)

6月12日
・東海大学 健康科学部 看護学科にて講義「社会の変化に伴う地域の健康課題と支援の実際」(副代表 油井)

 

6月21日
・首都大学東京 プレミアムカレッジにて講義 「ホームレスを取り巻く状況」(副代表 油井)

 

8月17日
・ARCH 日英コラボ連続イベント「東京を色とりどりのアイデアで埋めつくす!

Make Tokyo Full of Colorful Ideas アート×ホームレスという新たなアプローチ」に参加(後藤、山谷・アート・プロジェクト メンバー)

 

9月7日
・IFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本)スタディツアー

10月27日
・きむらとしろうじんじん 野点 バラエティロード SANYA2019 に協力・出展

 

11月15日
・東京アメリカンクラブ women's club チャリティドライブ

12月7日
・第9回 日本在宅看護学会 学術集会 シンポジウムにて発表「様々なコミュニティと共生社会」(副代表 油井)

 2020 

 

1月11日
・第10回 山谷地域の「介護・看護」のお仕事説明会(共催)

 

2月1日
・IFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本)公衆衛生に関する委員会 地域医療ツアー

 

2月8日
・市民社会をつくるボランタリーフォーラム TOKYO2020 分科会
 「豊かな地域をつくるのは私たち!~『地域包括ケアシステム』から 制度・セクター・分野を超えて~」に出演(副代表 油井)

3月3日
・自立生活サポートセンターもやい ボランティア向け内部研修にて講義
「無料低額宿泊所に関する法改正の概要とその影響」(副代表 油井)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


メディア掲載

 

 2019年 

4月2日
・Yahoo!ニュース

 山谷のおじさんたちが教えてくれた大切なこと

7月12日
・中日新聞

 本田徹 福島第一原発30キロ圏内・高野病院の常勤医 山友会クリニック医師 本田徹氏

7月13日
・東京新聞
 本田徹 福島第一原発30キロ圏内・高野病院の常勤医 山友会クリニック医師 本田徹氏

8月3日
・毎日新聞
 東京・山谷の無料診療所が 35 年 「人間らしく生きられる場として、ずっと続けたい」

8月7日
・毎日新聞
 孤独癒やし 35 年 労働者に寄り添い 山谷の無料診療所

9月11日
・東京新聞
 山あり谷あり人生を写す われら元路上生活者 今は写真部で活躍中!

 

9月29日
・毎日新聞
 ストーリー:赤ひげ先生、自ら地域の中へ 山谷の経験、福島に 山友会クリニック医師 本田徹氏

11月18日
・m3.com
 【東京】山谷に完全無償診療所を開設して 35 年。支えるのはボランティア医師など総勢12人
 -山友会クリニック医師本田徹氏、副代表油井和徳氏に聞く◆ Vol.1

 

11月25日
・m3.com
 【東京】山友会運営は 2700 万円の寄付金で。多くは個人からの支援
 -山友会クリニック医師本田徹氏、副代表油井和徳氏に聞く◆ Vol.2

 

12月2日
・m3.com
 【東京】山谷だからこそパーソナリティーを大切にした臨床のアプローチができる
 -山友会クリニック医師本田徹氏、副代表油井和徳氏に聴く◆ vol.3 

 2020年 

1月13日
・TBS ラジオ「荻上チキ・Session-22」(2020 年 1 月 13 日放送)
 成人の日に高齢化社会の行方とヒントを考える! 藤木 TDC が東京・山谷の取り組みを取材報告

 

3月
・きらぼしコンサルティング会報誌
「きらぼし Business&Management」  No.359 3 月号 探訪 東京の端のほう

  南千住編 7  山谷の住民が写真で自分を表現する「山谷・アート・プロジェクト」