地道に、辛抱強く

新型コロナウィルス感染症がいまだに猛威を振るっています。 まずは、より厳しさを増している医療現場に身を置き、患者の命を守るために日々さまざまな形で奮闘してくださっている方々、人々の暮らしに必要不可欠な社会インフラを維持してくださっている方々に、心から感謝申し上げます。 そして、同じ生活困窮者支援の現場で新型コロナウィルス感染拡大の影響で苦境に追い込まれた方たちの支援に尽力されている他の支援団体の皆さま、行政機関などの皆さま。 自身が感染するリスクにさらされながらのご支援は、普段以上に心労が重なることかと思います。 どうかお互いに体と心を大切にしながら、互いに手を取り合いながら、ともにこの苦境を乗り越えていければと願っています。 さて、山友会では4月7日に政府から緊急事態宣言が発令されてから、縮小して活動を続けています。 ※【重要なお知らせ】5月6日以降の各活動と事務局の体制について(4月30日付)

「路上生活を送らざるを得ない人々や、苦しい生活を送らざるを得ない人々が、ひとりではないと感じて笑顔を取り戻すこと」をミッションに、路上生活という最も社会的に孤立した人々につながりとコミュニティをつくることを目指す山友会にとっては、どの活動も本当に大切なものなので、かなり難しい判断ではありましたが、感染防止を第一に考え、山友会クリニック、生活相談、炊き出し・アウトリーチ、ケア付き宿泊施設「山友荘」以外の活動は中止、医師以外のボランティア参加は中止とすることにしました。



とくに山友会クリニックと生活相談、炊き出し・アウトリーチの取り組みは、路上生活をされている方たちにとっては命綱。

何としても続けていかなければならないと思っています。 今回のコラムでは、活動縮小後のそれぞれの活動の様子をお伝えしたいと思います。 ********** ■山友会クリニック



※看護師がスタッフ・ボランティア向けに作成した新型コロナウィルス感染防止対策の資料

ボランティア医師の協力によって、ほぼ普段どおり診療を続けられています。 それぞれのお勤め先の医療機関でも大変な状況にもかかわらず、ほとんどのボランティア医師が診療を続けてくださっています。本当にありがたいことです。

新型コロナウィルスの感染が拡大し、路上生活の方や山谷のドヤにお住まいの方たちがそれぞれの健康面に不安を感じやすくなっている状況において、ますますこの取り組みの重要性が高まっていると感じます。

もちろん、診療室の換気や環境消毒、風邪症状のある患者さんにはその他の患者さんと区画を分けて対応するなどの感染防止対策にも取り組んでいます。 幸いにも今のところは感染を疑われるような方やひどく体調を崩された方がいないことが、何よりもの幸いです。

そして、山友会クリニックの看護師スタッフの皆さんは、新型コロナウィルスの基礎知識をはじめ感染防止のために必要な知識をスタッフにレクチャーしたり、使い捨てマスクや消毒用アルコールなどの衛生物品の管理をしたりと、安全に活動を続けていくために感染防止対策の管理を担ってくれています。いわば、山友会の感染防止対策の司令塔のような役割です。

■相談室



生活相談も通常どおり実施しています。

それでも、活動を続けているものの中で、一番変化があったのは相談室です。 シャッターを閉めて、相談などがある方は入口のドアから声をかけてもらうようにしています。シャッターが閉まっているので、普段の様子と比べると閑散としています。 誰でも気軽に立ち寄れ、自然と人が集うのが相談室の魅力ですが、今は我慢…。 それでも、いつも山友会に来てくれているおじさん達が何人か集まって、「やることなくて暇だよ」とお互いに愚痴をこぼす様子も。

そんなおじさん達もマスクを着けていたり、お互いに何となく距離を取っていたりと、それぞれに感染予防に気を付けて過ごしています。

相談室長の薗部さんも「何か疲れると思ったら、いつも集まってきてくれるおじさん達と話せないからなんだよな…」とぼやく始末(苦笑) また、地域生活サポート(アパートや簡易宿泊所等にお住まいの方の生活支援)についても、安否確認のための訪問は中止し、原則、緊急時の対応のみとしていますが、特に気になる方についての安否確認は続けています。 安否確認の取り組みの中で、ドヤで暮らすご高齢の方が意識障害のような状態になっていたところを発見し、救急搬送したことがありました。 この方に限らず、活動を縮小する前は、ドヤやアパートで暮らす地域生活サポートの対象者の方たちは、毎日のように山友会に来てくれていたので、体調などに変化があれば気が付くことができていましたが、外出しなくなったり、普段通っているところがなくなったりしたことで、異変に気が付く人がおらず孤立死のリスクが高まってしまっていると感じています。 一方で、電話での相談が少しずつ増えてきています。 つい最近まで派遣や住み込みで働いていた方が、新型コロナウィルス感染拡大の影響で失業し、住まいも失ってしまった。次の給料の振り込みまで所持金がない。生活保護を申請した後の宿泊先を探しているなどの相談が寄せられています。 所持金もなく宿泊先もない方には、支援制度の情報提供を行い、支援制度を利用されるまでの間の宿泊費や食事代を援助するなどの支援を行っています。 このほかにも、先の見えない不安、人生への絶望など、うまく言葉にできないのであろう不安や悩みの訴えがあります。 社会不安を背景に、こうした不安や苦しみ、寂しさなどの辛さを抱えきれなくなる一方で、辛さを打ち明けられる相手が身近にいない方たちが増えている可能性を感じます。 ■炊き出し・アウトリーチ

毎週水曜日の隅田川テラス周辺のアウトリーチ、毎週木曜日の炊き出しは継続しています。 今まで炊き出しを行っていた支援団体の中でも活動を中止しているところがあるため、路上生活されている方たちは毎日の食事を確保するのが難しい状況にあります。 1日1食でも食べられるようにと思いますが、ボランティアさんもおらず人手も限られている中では、山友会がそのすべてを担うことはできません。 活動縮小前は、食堂で毎日80人分近くの昼食を提供していたことを考えると、多くのボランティアの方たちご協力の有難みを一層感じています。 山友会クリニックの活動と同様に、今の状況においては、週に1回の炊き出しであっても食事にもありつけなくなってしまっている方たちにとっては、とても大切なものになってきています。



炊き出しの活動場面では、他にどこで炊き出しがあるのか尋ねる方もいらっしゃいました。 路上で暮らす方などにとっては、本当に切実な問題です。 とはいえ、炊き出し1回につき100人分以上のお弁当やおにぎりを用意するのは、なかなかの労力で、今まで手伝ってくれていたおじさん達が手伝ってくれています。 ボランティアさんの参加は中止しているけど、おじさんはいいのかと、とても悩みました。 手伝ってくれているおじさん達に感染させえしまうのではないか…。 とはいえ、何もいわずにスタッフだけですべて済ませてしまうのは、筋が通らないのでは…。 いろいろな考えが逡巡する中で、おじさん達に相談すると「誰かがやらなきゃなんないんだからやるよ」「やることないし、やらせてよ」と話してくれました。 そして、少しでも不安を感じたら絶対に無理はしないでほしいと伝えて、一緒に活動をしています。 勝手な解釈かもしれませんが、「自分たちにとって必要な(必要だった)取り組みは、自分たちで守る」という決意があるようにも感じました。